学校では学べないミュージックスクール

もどる

学校では学べない作詞・作曲コース 「耳フック」・・・。すぐに忘れる事が出来ない、もう一度聴いてみたい曲にする方法。プロデューサー:ヒエダススム

作詞・作曲コースって一番どのようなことをするの?って感じがしますよね。好きに作って歌う(歌ってもらう)事が大切なんだけど、 「歌いやすい曲になっているの? 感じてもらえる曲になってるの?」と自問自答したり、「何か反応が薄い」とか、「伝わって行かないとか感じる時があるです。」ってよく質問されたりしま す。作者には、自分の思いを吐き出すような作り方をしてもらうのが良いと思うのですが、リスナーがその全てを受け止めてくれるという事は難しい事だと思います。 だから、その間に入って調整、アドバイスを行うことを目的にこのプログラムを立ち上げました。
メロディとコード、歌詞の一体感や臨場感!キーワードの在処など自分自身では纏めきれないこともたくさんあると思います。今までも たくさんの楽曲を聴かせて頂いて来ましたが、一番多い感想は「あと一歩惜しい!」なんです。共に制作しているアーティストでも最初はそれの連続なんです ね。ちょっとした事なんだけど、それがスゴく大きな差となってくるという事。
『学校では学べない作詞・作曲コース』では、そのちょっとした事にこだわってみたいと思っています。良く使う言葉なのですが、『耳フック』という造語です。耳フックとは、、、釣り針の先は魚が食いついた時に直ぐに針が抜けない様に、湾曲していますよね。曲が耳に入って来てそのまま抜けて行くのではなく曲にフックを付ける事で、すぐに忘れる事が出来ない!もう一度聴いてみたい!と思わせる事ができると思っています。その方法を解りやすく、楽曲に有ったカタチでお伝えしていきたいと思っています。なので、音楽理論をお教えするのではなく、作詞・作曲された楽曲のクオリティアップを目指す方々には特にオススメのプログラムだと思っています。また、作詞・作曲を一から始めたいという方、音楽理論を一から学びたいという方にも、オリジナリティはパクリから始まるを実感してもらえるようにたくさんの参考曲を共有してゆきましょう。

さらに「自分の作った曲を誰かに歌ってもらいたい!」なんて思っていらっしゃる方に朗報です。『学校では学べないボーカルコース』でオリジナル楽曲を求めている方がいらっしゃれば、楽曲制作依頼が来たり、制作した楽曲の提供などを通じ更なる展開が待っているかも、、、

お問い合わせ

もどる